水道設備の再点検で水トラブルを防ぐ

水道業者

水道が使えなくなる凍結とわ!

外気温がマイナス4°c以下になってしまうと水道管や給水・給油のパイプに水が残っていると凍結してしまうことがあり水道が使えなくなってしまうばかりか、そのまま放置しておくと破裂してしまうこともありますので十分に注意が必要です。
急激な寒さで蛇口のハンドルをひねっても水が出ない、水道管が破裂するなどの思わぬ大きな水トラブルに見舞われないためにも気温がマイナス4°c以下を下回りそうな日には、事前に凍結防止策をしておくことが必要となってきます。
寒くなってくる前に行っておきたい対策として、水道管やパイプの保温をすることです。
屋外に設置されている水栓をはじめ、トイレや洗面所など水回りのパイプや給水管がむき出しになっているのであれば保温材を巻くなどする対策を講じましょう。

作業員のコラム
蛇口から濁った水が出る シャワーヘッドの不具合

対策は簡単でボロ布や緩衝材などを巻きつけたりタオルなどを巻きつけておくなど、家にあるもので安上がりで応急対処できます。水道メーターボックスは、砕いた発泡スチロールやボロ布や新聞紙などを隙間に詰め込んで保温するとよいでしょう。
近年の異常気象で大都市圏でも気温がマイナス4°c以下を下回ってしまうようなことがありますので冷え込む予報が発令された時には、事前の保温対策をすることが望ましいでしょう。
上記の対策はできないような時に応急対処もすることができますのでますのでご紹介しておきます。水道料金は少し加算されますが水の流水をさせておけば水が凍ることがありません。蛇口の水を出しっぱなしにすることで水道管内の保温にもなり凍結しにくくなります。
水道料金がもったいないと思われるかもしれませんが大量に水を出しておく必要がなく、チョロチョロ程度で十分に効果があります。ほんの少しだけ水道料金の無駄遣いをすることになりますが水道配管屋水道設備が凍結してしまった場合の修理料金と比較したら遥かに安く済みますので覚えておきましょう。
数年前の関東の爆弾低気圧では、大多数の民家で水道が使えなくなってしまい、修理に数日かかってしまったという事例もありますので、お住まいの地域が寒冷地でなくても水道管やパイプなどの凍結対策を十分にしておく必要があります。


パッキンの劣化で漏れる 重曹を使うきれいになる
水道業者
水の濁りを予防する方法 詰まりが起こる排水トラップ

取扱いメーカー一覧
受付から完了までの手引き

水道修理総合受付
copyright©2019 華麗なるリベンジ隊 all rights reserved.