不具合が起きたときに修理対応を考慮する

水道業者

蛇口の不具合を判定し修理対処

レバー水栓とは、左右上下にレバーを動かして、水量やお湯・水などを選び温度調整もするタイプの水栓ハンドルのことです。戸建てや分譲マンションでは、このタイプの水栓が多く用いられています。レバー水栓は、レバーを左右上下に動かすことで自由に水量、温度の調整が可能な反面少し遊びスペースが設けられています。
長年使われてきているとレバーの遊びの範囲が拡大します。そのスペースから水漏れが発生することがよく起きてきます。そのような状態ですと、基本的には既存のレバー水栓を調整したところで直ることがなく、本体内部に組み込まれているバルブカートリッジの交換が必要になります。バブルカード類は消耗品で定期的に交換する必要があります。もしバブルカートリッジの動作不良で不具合が生じ始めているのでしたら、この部品を交換するだけで解決することができます。この部品を交換するのはメカに詳しい人でしたら履歴交換することもできますが少しでも不安がある場合には、水道屋か水道業者に依頼することをおすすめします。

洗面台のボウルの掃除方法 排水が流れない時
作業員のコラム
台所の排水口の臭い対処法 浴室でよく見かける汚れ

レバー式水栓の型式にもよりますが水栓本体と給水パイプ・給湯パイプが、それぞれ分別されている水栓も存在しています。この接合部から水漏れがしてきている場合には、水漏れの原因がパッキンの劣化やナットの緩みで起きている可能性が最も高く、水漏れがしている場合には、しっかりと点検確認をすることが大切です。特にハンドル水栓の場合は、古い住宅に多いため耐久年数を既に超えているものがたくさんありますので、いろいろな要因が重なって不具合が起きていることも推測されます。
耐久年数を超えている水栓については、修理より交換の方が今後の事を考えると、より良い判断となります。蛇口の種類にもよりますがお客様の利便性を考慮した上でお決めになることが最も大切なこととなってきます。


ボイス7 ボイス8
新潟県のボイス
ボイス9 ボイス10

取扱いメーカー一覧
受付から完了までの手引き

水道修理総合受付
copyright©2019 華麗なるリベンジ隊 all rights reserved.