水道設備を保護する役目

華麗なるリベンジ隊

凍結防止ヒーターの使い方

氷点下4度以下になってしまうと水道配管が凍結を起こしてしまって長時間放置していると水道管が破裂するなどの水道設備のダメージが懸念されます。こうならないために水道配管の凍結防止を行う必要がある地域は知っておいたほうが役立つことをご説明します。
凍結防止ヒーターを導入する時には水道配管に一定間隔で巻きつけて、そのあとに付属している保温テープを巻きつけるだけです。施工説明書に沿って施工作業を行えば簡単に凍結防止ヒーターを設置することが可能です。
注意点は、重ねて巻きつけないことです。巻きつけたらコンセントに差し込んで通電していることを確認してください。そして、春先から秋にかけて暖かく凍結防止が必要のない季節はコンセントを抜くことで電気代のコスト削減ができますので必ず確認しておくことが良いでしょう。
凍結防止ヒーターは、ある程度、電気料金がかかりますので、サーモスタット式は完全に通電が止まるので問題ありませんが、自己温度制御式は常に通電してしまいます。よって、必要がない場合には、必ずコンセントを抜くようにしましょう。
温暖な地域にお住まいのことであれば凍結防止対策をしなければならない日はそれほど多くありませんが気温が0℃以下になる日には、お使いになることが良いのではないでしょうか。また、冬に数日家を空けるときなどは、元栓を閉じて水抜きをしておくことによって水道管の凍結を防げますので対処しておくことが良いのではないでしょうか。


出張対応地域
新潟県
長岡市 柏崎市 燕市 新発田市 三条市
水道のトラブル解決
魚沼市 小千谷市 十日町市 五泉市 上越市
阿賀野市 加茂市 見附市 胎内市 村上市

新潟県の取扱いメーカー一覧
新潟県の修理受付から完了までの手引き

サポート総合受付
copyright©2019 華麗なるリベンジ隊 all rights reserved.